えとくしゅふ

引きこもり主婦のあれこれと商品レビューなど

ココナラで結婚式用の動画を依頼するときのポイント!思い通りの動画を作ってもらおう!

f:id:monmonb:20190325221541p:plain

 

 結婚式で流すオープニングとかプロフィール動画とか、提携先で頼むと高いからってココナラから探す人が増えてきています。

 

 私はココナラで結婚式用動画の作成を出品していますが、「え、そんなてきとうな感じなの?一生に一度の結婚式なのに?」みたいな人が多いと感じます。

 

 完成形が全く想像できない「オシャレな感じで!」のみのオーダーがあったり、打ち合わせをしてだいたい構成も組んであとは素材をもらえばすぐにでも作り始められるという状況で何週間も素材が集まらなかったり...。

 

 今回はココナラで結婚式用の動画作成を依頼しようと考えている人に向けて、出品者側の「こうしてほしい」を紹介します。

 

 せっかく結婚式をするなら出品者としっかりとコミュニケーションを取って、思い通りの素敵な動画を作りましょう。

 

 

必ずダイレクトメッセージから

 これはマナーでもありますが、いきなり購入するのではなく大枠の打ち合わせをダイレクトメッセージからから済ませてからに購入しましょう。

 

 出品者によってオプション料金などを設定している場合もあります。購入者がオプションを選択して購入することもできますが、不必要なオプションを合わせて購入してしまった場合オプション分だけの返金というのはできません

 

 どうしてもという場合、一度購入をキャンセルして全額返金が済んでからもう一度購入するということもできます。

 

 しかし、どのような理由であってもキャンセルがあったという事実でココナラ運営側からの評価が下がってしまうため出品者からしたら損しかありません。

 

 購入前にダイレクトメッセージで伝えるべき事柄は以下の通りです。

 

式の日にち

 人気のクリエイターは納期をたくさん抱えています。まずは式の日にちと納品希望日を伝え、対応可能か確認しましょう。

 

納品希望日

 納品日はなるべく式の2週間前くらいを見ておきましょう。特にDVDにして発送してほしいというような場合、式のギリギリに設定しているとトラブルがあったときに間に合わなくなってしまいます。

 

 式の日にちと納品希望日を伝えることで、クリエイター側も「この納品希望日じゃ不備があったときに困るから早めに仕上げよう」など考えて制作に入ることもできます。

 

サンプルと同じ構成でいいのか否か

 購入してからサンプルとは全く違う動画を引っ張ってきて「これにして!」と言ってくるひともいます。

 

 まず大まかな構成の相談は購入前にダイレクトメッセージで済ませてください。サンプルの通りでいいのか、別の動画を部分的に参考にして入れ込んでほしいとか事前に相談して追加料金の有無なども確認しておきましょう。

 

 

サンプルではなく違うテイストで作ってほしい場合

  サンプルで掲載されている動画が自分のイメージと合わないけど、料金や人柄に惹かれてどうしてもその人に依頼したいという場合はしっかりとしたイメージを伝えてください。

 

 YouTubeにはいろいろな結婚式用動画が上がっています。その中から1つを見本として出してもいいし、「この動画のこの部分を絶対に使いたい」というような提案でもいいです。

 

 とにかく困るのが見本もなくて希望のイメージも全く伝わってこない、完全お任せ状態です。丸投げするのはやめてください。あなたの人生の大切なイベントの一部ですからね。

 

 

 

細かい意見はなるべく制作前に

 上にも書きましたが例えば「全体的にサンプルの通りでいいんだけど、YouTubeのこの動画のこの部分がすごく魅力的だから入れてほしい」とかがあるのなら動画制作が始まる前になるべく早く相談しましょう。

 

 作り始めてからだったり、仮納品の後だったりすると依頼側が思っているより大変な作業です。既に作ってある部分も調整が必要になったりするので時間もかかります。

 

 なので動画の構成に関する部分に関してはなるべく早く希望を伝えること。仮納品後の構成の変更は追加料金をお願いされる場合もあります。

 

素材は早く提出する

 納期が短い人にかぎって素材が遅い人が多いです。忙しいのは分かりますが、作る側も忙しいし素材が来ない限りなにも出来ないので作業が遅れます。

 

 素材は購入後1週間以内には渡すようにしましょう。遅くても2週間。それ以上遅れる場合は「どのような理由でいつまでに準備できるか」を事前に連絡してください。

 

素材はなるべく横長のものを用意する

 私の場合基本幅1280×高720で作ることが多いです。 横長の動画です。

 

 これに縦長(幅720×高1280)の素材を画面ピッタリにいれようとすると720pxを1280pxまで引き延ばす必要があるので必然的に画質が荒くなります。

 

f:id:monmonb:20190325223650p:plain

 動画が綺麗に仕上がるかどうかは割と素材にゆだねられています。素材の撮影をスマホで行う場合、写真も動画も横長になるようにスマホを横向きにして撮影しましょう。

 

 一眼レフカメラなどを使って撮影するとクオリティの高い動画になりやすいです。

 

 

確認事項や仮納品への対応はなるべく早く

 ココナラ経由の連絡にすぐに対応できるよう通知はONにしておいてください。

 

 動画制作の途中で確認したいことがあって連絡したのに何日も返信がないということもあります。そうなると返事がもらえるまで動画が完成することはありません。

 

 同じく仮納品したのに返事がないというのも困ります。仮納品がされたらすぐに確認して動画内の誤字脱字や素材の表示順など細かく確認してください。

 

 

 

1日以上開けてしまう場合はとりあえず連絡を

 

 連絡を受けた時点で1日以上返信ができないと分かる場合はそれを伝えましょう。

 

 「今日は出かけているので、後程確認して改めて連絡します」という連絡だけで出品者側は随分心が休まります。

 

 できればいつ頃返事ができそうかも添えてくれるとありがたいですね。

 

信頼関係を築くことが大切

 

 素材をなるべく早く渡すのも、連絡をマメに返すのも信頼関係を築くためです。

 

 ココナラでの依頼は長くても1ヶ月ほどのお付き合いです。しかも直接会ったりする行為は禁止されており、基本トークルーム内でのやり取りに限定されています。

 

 その中で動画の構成や素材についての打ち合わせなどコミュニケーションを取れるのはほんの僅かな時間です。しっかりとコミュニケーションがとれて信頼関係を築くことができると、動画の完成度も上がります。

 

 出品している側の私がこんなことを言ってしまうのもどうかと思いますが、実際丁寧な言葉遣いだったり些細なことも連絡してくれたりする依頼者だとモチベーションが違います。

 

 確認事項もすぐに返事してもらえると制作に時間がかけられるので完成度も変わります。

 

 出品者も依頼者も気持ちよく思い通りの動画を作るためにも信頼関係を築くことに重きを置いて、一緒に動画を作っていきましょう。

 

 

思い通りの動画を作ってもらうために

 

  • 完成イメージはハッキリと伝える
  • 素材は早めに提出する
  • 連絡、相談はマメに
  • 信頼関係を築く

 

 

 おすすめ

etc-syuhu.hateblo.jp

etc-syuhu.hateblo.jp

etc-syuhu.hateblo.jp