えとくしゅふ

引きこもり主婦のあれこれと商品レビューなど

台風の後からネットが繋がらない!再起動してもダメだった人用|ドコモ光/フレッツ光/ぷらら

f:id:monmonb:20181203214242j:plain


 

 2018年10月の台風24号の後、約4日間光回線のインターネットが使えなくなりました。

 

 ルーターやデバイスを再起動させたり、電源を抜いてしばらく置いてから入れ直したりしたけどダメで、カスタマーセンターも鬼のように混んでいて全く繋がらない。回線の障害について調べても特に問題はない。

 

 この記事では一般的な方法を試したけれどネットが繋がらないという状況から考えられる原因と解決方法を紹介しています。

 

 

この記事に書いてある方法で解決できそうな人の条件

 私の場合モデムのIPアドレス先のユーザー名及びパスワードの変更をしないまま使用していた為に起こったトラブルでした。下記の項目に心当たりがあれば解決できるかもしれません。

 

 

  • ネット回線のユーザー名及びパスワードの変更をした人
  • 以前使用していた回線を復活させて新しく契約した人

 

 

試す前に確認してほしいこと

NTTのモデムを使用している

この記事はNTTのモデムを使用している人が対象となっています。IPアドレスへアクセスしてパスワードなどの確認をしますが、他のモデムを使用している人はIPアドレスが違ってきます。

 

モデムのランプの点灯状況

「ルーター電源」→緑色に点灯

「PPP」→消灯

「光回線」→緑色に点灯

「電源」→緑色に点灯

 

 光電話を契約している場合は「光電話」のランプも点灯しているかと思います。

 

 もし「光回線」のランプが消灯している場合、そもそも回線が来ていません。天候や災害などの影響で線が切れてしまっていたり、回線元の会社で何らかのトラブルがあったのかもしれませんので問い合わせてください。

 

 

 

ポイントは「光回線」が点灯しているのに「PPP」が消灯しているということです。

 

 

原因をコールセンターの人に教えてもらった

 

 コールセンターから電話が来たのは20時を過ぎた頃でした。問合せが17時までだからって諦めちゃダメですね。(最初の問い合わせから4日は過ぎてたけど

 

 

パスワードの変更や再契約の情報が更新されていなかった

 

 私の場合、結婚を機に夫の実家に入って、夫が4年くらい前に使用していたネット回線を復活させました。そのときに当然ユーザー名もパスワードも変わりますが、IPアドレス上では変更がされていません。手動で変更させる所のようですが私自身もそのような変更の必要性を知らずにいました。

 

 

 実はパスワードなど情報の変更がされていなかったとしても、以前までの情報と結び付けられている為ネット回線は問題なく使用できるそうです。

 

 

 しかし、自然災害による停電やサーバーのトラブルなどでNTT側の電源が落ちたりしてしまうと以前の情報が無くなり情報が一致しなくなる為回線が使用できなくなるとのことでした。

 

 

 停電などで回線が途絶えると光電話も同時に使えなくなります。パスワードなどが原因の場合、回線の復帰とともに光電話は使用できるようになるのに対してネットは何をしてもダメという点が特徴です。

 

 

 

準備するもの

 プロバイダの契約書

 

ぷららとかBIGLOBEとかをプロバイダといいます。その契約書を手元に用意してください。これがないと正しいパスワードなどが分からないので必須です。

 

 

 

 

解決方法

 

 前置きが長くなりましたが実際に教えてもらった方法です。私はアナウンスに従って操作したので問題なくできましたが、どこの回線を使っているのかなどでアクセス先は変わると思うので気を付けてください。

 

 それと、余計なところを触ってしまったなどのトラブルは自己責任でお願いします。

 

 

ネットが繋がっていないことの確認

 

 ノートPCやスマホでWi-Fiにつなげた状態で、chromeなどウェブを検索できる画面を用意してください。 その検索窓で適当に検索をして「インターネットが繋がっていません」という表示が出ることを確認してください。

 

 

 このときモデムもルーターも電源が入っていることを確認してください。

 

 

 

「IPアドレス」をURLの欄に入力

 

 先ほどと同じデバイスで今度は検索窓に「192.168.1.1」と入力してください。これはモデムに設定されたプライベートIPアドレスです。ここから管理画面にアクセスすることでユーザー名やパスワードの変更を行うことができます。

 

 

 ちなみにこれはNTT東西のひかり電話対応モデムの場合のIPアドレスです。他のメーカーの方はこのページの1番下に情報を記載しておくので見てみてください。

 

 

 実際ルーターのIPアドレスは「192.168.0.1」から「192.168.255.255」までの範囲があります。しかし家庭用のものなら「192.168.1.1」が割り当てられていることが多いので、アドレスが分からない人はとりあえず1.1でやってみましょう。

 

 

 その後ログインのダイアログが表示されます。

 

f:id:monmonb:20181130215455p:plain

 

 NTTのひかり電話対応モデムを使用していて、特に設定した覚えがないなら初期値としてユーザ名 「user」パスワードも同じく「user」となっているようです。

 

 もしくは「admin」になっている場合もありますが、どちらもIDとパスワードが同じ値になっています。

 

 

接続状態の確認

  ログインをすると以下の画像の画面に切り替わります。字がつぶれていて見えないかと思いますが、下でちゃんと読める物を貼っておきます。

 

f:id:monmonb:20181130215604p:plain

 

 

 一番上の「接続設定1」の行を右から2番目「状態」の欄を見ます。ここが「未接続」となっている場合、IDやパスワードの変更を行うことでネット回線を使えるようになる可能性があります。

 

f:id:monmonb:20181130220517j:plain



 

 

 

 もしこの時点で「回線接続中」となっているなら、ユーザー名などの問題ではありません。モデムやルーターの再起動など一般的な解決方法を試したのちコールセンターへ問い合わせましょう。

 

 

ユーザー名・パスワードの確認

 「接続判定1」の文字をクリックするとユーザー名などが記載された画面になります。

 

f:id:monmonb:20181130221159j:plain

 

ここで手元の契約書に記載されているユーザー名及びパスワードと一致しているか確認してください。

 

 ぷららの場合「ぷらら会員登録証」という書類の「契約情報」の項目に記載されています。

 

 

 パスワードは黒い丸になっていて確認できませんが、ユーザー名が違うならパスワードも違います。契約書を見ながら間違えないように入力してください。文字列、割と長いです。

 

 

 入力出来たら左の方にある「保存」というボタンをクリックして変更した内容を保存します。

f:id:monmonb:20181130221521j:plain


 

 

 

再び接続状態の確認

 

 保存ができたらページ下の「トップへ戻る」を押して、もう一度「接続設定1」の行を確認します。接続状況が「回線接続中」となっていれば完了です。

 

 これでまたインターネットが使えるようになったはずです。

 

 

 

 

もう一度モデムの状態を確認

 

 ここで最初に確認したモデムのランプの点灯をもう一度確認してください。「PPP」のランプが緑色に点灯いれば問題ありません。

 

解決できなかった場合

 

 ランプが赤だったり、これでも繋がらなかった場合はコールセンターへ問い合わせましょう。

 

 

他のモデムのIPアドレス

 

 一応調べましたが直接問い合わせて確認などはしていないので悪しからず。

 

 (画像です。クリック)

f:id:monmonb:20181130215214j:plain

まとめ

 

 私は自宅でPCを使った仕事しているので光回線が繋がらなくなってからの4日間はまるで生きた心地がしませんでした。スマホのテザリングはありましたが物凄い通信量で…。

 

 しかもネットで出てくる解決方法はほとんど「再起動」の一点張り。「これじゃぁ直らないから検索してんだよ!」と腹が立ったのと、コールセンターの方の丁寧な対応に感動したので記事にしてみました。

 

 なにか間違えた情報や他の方法があれば是非教えてください。